カビ対策

梅雨のこの時期、カビの発生にご苦労されているご家庭も多いのではないでしょうか。お風呂はもとより窓ガラスの枠回りや壁紙など、湿気のたまりやす場所にはカビが発生しやすくなります。カビは見た目が悪いだけでは、なくそのままにしておくと健康を害します。
カビ対策としてとにかく湿気を取り除くこと、カビを持ち込まないことです。カビの生えやすい場所の水けを取り、少しでも乾燥させることでカビの発生を抑えることが出来ます。扇風機などで風を当てるのが効果的です。次亜塩素酸ナトリウムを含むハイターなどでカビを除去することが出来ますが、手袋やマスクは必着ですし酸性の洗剤などが混ざるととても危険ですので、絶対に混ぜないで下さい。通常のお風呂掃除の後に当社の次亜塩素水を使うことでカビ菌を除去することが出来、カビの繁殖を抑えることが出来ます。次亜塩素水は次亜塩素酸ナトリウムと違って手に触れても安全ですのでそのまま使うことが出来ます。
発生してしまったカビは専用のカビ取り剤を使って落とします。しかしコーキング(お風呂の隅などのゴムの部分)等に深く入り込んでしまったカビは取り除くことが出来ません。そうなる前に綺麗にお掃除しましょう。
当社ではカビでどうにもならなくなったお風呂場や洗濯機回り、クロスや窓枠など業務用カビ取り剤で出来る限り綺麗に居り除きます。コーキングに根深く入ったカビはコーキングの除去をして再充填や再塗装なども可能です。